レーシック手術に伴う数多くの合併症について

視力が非常に悪いために、肩こりや頭痛などといった症状に日々悩まされている方はとても多いと思います。
なんとかして視力回復できれば、普段の生活もずいぶんと楽になりますよね。

 

そこで近年「レーシック手術」を受けて視力回復に成功している患者さんたちが非常に多くなってきています。
今までの様なメガネやコンタクトレンズの生活から解放されるので、若い人たちの間でもその人気が広がっているのです。

 

レーシック手術は目の角膜を切って行うのですが、比較的安全性が高いと言われている手術です。
しかしこのレーシック手術を受けたことによって、様々な後遺症や合併症を多くの人が発症するのも事実なのです。
手術そのものは比較的簡単なものですので、近年では手軽に受けられるイメージがあるのですが、術後のリスクについてもしっかりと把握しておく必要があります。

 

レーシック手術後によく発症する合併症として一般的なものを挙げると、グレア現象、ドライアイ、角膜拡張、飛蚊症、網膜剥離、近視の戻りなどがあります。
馴染みのある病名や、中には全く聞いたことが無いというものもあるかと思います。

 

グレア現象というのは、レーシックを受ける前は普通に見えていた明るい場所が、とてもまぶしく見えてしまうという現象です。

 

ドライアイは術後に角膜の表面がとても乾燥しやすくなってしまう現象です。
多くの人に起こる症状で、病院では専用の目薬を処方されます。

 

あとレーシック手術を受けたにもかかわらず、再び近視になってしまうこともあります。
この近視の戻りの原因については、施術した医師の技量不足や患者本人の術後の生活環境によるものがあります。

 

このように一般的な症状を挙げただけでも結構な数の合併症が存在するのですが、この合併症をきちんと治すことが出来ないまま苦しんでいる人たちが多くいるのです。
「レーシック難民」と呼ばれる人たちです。

 

レーシック手術の後に目や体に異常が起きてしまい、病院へ行って色々と検査をしてみても適切な治療法が見当たらず、症状をずっと抱えたまま生活しなければならない人たちです。
レーシック手術そのものは成功して視力が非常に良くなっても、それに伴う合併症に関しては様々な症状があって、その症状は人それぞれです。
頭痛がずっと続くという人もいますし、ドライアイが酷くて目薬が手放せない人もいます。

 

あと一昔前まではレーシック手術には不向きだと言われていた強度遠視ですが、近年の医療技術の進歩によりこちらも可能となっています。
しかし強度遠視の場合、技術的にとても難しいことに変わりはありません。
医師の技量不足による手術の失敗で合併症を発症し、治療してもなかなか治らないというレーシック難民も非常に問題になっています。

 

レーシックは視力回復に非常に有効な手段ではありますが、今まで目が悪かったのが急に1.5などの高い視力になるのです。
その為今度は、本を読むなどのように近くを見ることが困難になってしまい、強度遠視になってしまうこともあります。

 

こういう新たな症状が出てしまってはレーシック手術が成功したとは言えないのではないでしょうか。

 

危険なリスクを伴うレーシック手術を受ける前に、一度ご自宅でできる視力回復トレーニング方法を試してみてはいかがでしょうか?
短期間で視力回復に効果があるこのトレーニング方法、プロのスポーツ選手も多く実践していて好評を得ています。